熊谷市で審美歯科・セラミック治療なら

〒360-0012 埼玉県熊谷市上之3820-2
JR熊谷駅より車で10分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:00~18:00 ×

△:第2・4日曜・祝日 9:00~12:30/13:00~15:00
休診日:水曜・第1・3・5日曜

ご予約・お問合せはこちらへ

048-501-5566

当院のセラミック治療について

安いだけのセラミック治療には、多くの問題点があることをご存知でしょうか。天然ののような美しさを実現する前歯セラミック治療や、割れたり欠けたりしない奥歯セラミック治療歯科医院で受けるには、安いだけでなく「上手い歯医者さん」を選ぶことも大切です。

こちらでは、当院の特徴を中心にセラミック治療についてご紹介いたします。

当院セラミック治療の特徴

女性歯科医師による、女性ならではの視点を活かした治療

歯医者さんで出っ歯など歯並びの改善を目的としたセラミックによる治療を受ける場合、歯を削るなどのデメリットもあるので、「こんなはずではなかった…」と後悔・失敗することもあります。そんな事態を避けるために必要不可欠なのは、きちんと歯科医院を選ぶことです。

当院で審美歯科治療を担当するのは、審美歯科治療の経験が豊富な女性歯科医師の院長です。

お口の中は自分だけの「プライベート・ゾーン」と言えます。特に女性の患者さまは、お口の中の悩みについて、男性歯科医師よりも女性歯科医師のほうがご相談しやすい場合が多いのではないでしょうか?また男性の患者さまの中にも、女性歯科医師のほうが安心感があるという方もおられます。

私どもの歯科医院なら、女性歯科医師の院長が患者さまのお気持ちに寄り添い、丁寧な診療と細やかな心遣いのある対応をいたします。また、見た目を気遣う女性ならではの視点から、より納得のいく審美歯科治療のご提案が可能です。口にしにくいことも、当院の経験豊富な女性歯科医師にお気軽にお話ください。

高齢者の歯の色を整える意味で前歯だけを治療する方法、例えば前歯だけのセラミッククラウンの治療(差し歯)などもございます。またセラミックで作った薄い板を貼り付けるラミネートべニアという治療も行っております。

歯のお悩みは、何なりと当院へご相談いただければと思います。

ご負担を抑える「セレックシステム」

歯の詰め物・被せ物をつくるための型取りには「口腔内スキャナー(セレック)」を導入。この スキャナーは、専用カメラで撮影することでお口の中をスキャニングします。その画像をコンピュータ上で解析し、お口の型取りを可能にしています。

これまでお口の型を取る場合、粘土のような材料をお口の中いっぱいに入れられてしばらく我慢する必要がありました。この粘土のような材料は、吐き気をはじめとした不快感を感じる方も。さらにはやわらかい材料のため、型取り後に歯型が歪んでしまうデメリットもありました。

しかし「口腔内スキャナー(セレック)」を使用することで、カメラによるスキャニングのみでお口の型取りが可能に。粘土のような型取り材を使わないので、型取りの際の患者さまの不快感を軽減できます。また、コンピュータによる歯型管理となるため、変形や歪みの発生がなく、より精密な詰め物や被せ物を作製できます。 

方法はシンプルで、口腔内スキャナー(セレック)の場合、患者さまのお口をスキャニングし、その情報を技工所に送付するのみ。従来より短納期で詰め物・被せ物が完成します。最短で3、4日くらいでお口の中への装着が可能です。

また、当院の口腔内スキャナー(セレック)は、最新のpremiumscanを使用。精度が高く、またスキャニング自体の速度も速い機器となっています。このように患者さまのご負担を軽減しつつ、お口の型どりの精度アップ・短期間の装着を同時に実現しています。

審美歯科で技術力のある歯科技工所に依頼

入れ歯や歯の詰め物・被せ物をつくるのは、歯科技工士という専門家です。彼らは歯科技工所に所属しています。技工所、またそこに属する技工士には得意分野があって、入れ歯が得意な技工所(技工士)も、詰め物や被せ物が得意な技工所(技工士)もあります。

特に白い詰め物・被せ物の出来具合は、技工士の技術に大きく左右されます。そのため、白い詰め物・被せ物の作製を得意とする歯科技工所に依頼したほうがよいのです。歯科技工士に十分な技術力が備わっていないと、詰め物や被せ物の形・色が患者さまの歯に合わなかったり、お口の中で馴染まなかったりするケースが発生。つくり直しをする結果となってしまい、患者さまをお待たせすることにもなりかねません。

当院では、セレックでの詰め物・被せ物、オールセラミックでの詰め物・被せ物をそれぞれ得意な技工所に依頼しています 。

セレックはデジタル技工を専門に行う技工所「デンタル・ギルド・アート 」の嶋崎 晴久氏に依頼。技術力のある歯科技工士が作製を担当するため、見た目の美しさ・お口に装着時のフィット感が良く、つくり直しになることがほぼありません。

オールセラミックの治療をはじめ、白い詰め物・被せ物の場合は、いずれの治療も自費治療となるため決して安い治療ではありませんから、慎重に歯科医院を選びたいものです。とはいえ、上手い、皆がおすすめするような歯医者を探すのは至難の業。まず最初に、後悔や失敗のないよう、きちんとしたカウンセリングや保証制度のある歯医者を選ぶことからはじめましょう。私どものような「技術力」にこだわる歯科医院も良いでしょう。

当院は技術力の確かな歯科技工所・歯科技工士と提携し、患者さまにご満足いただける詰め物・被せ物をご提供し続けています。

患者さまに喜ばれる工夫をしています

歯の詰め物や被せ物をおつくりする場合は、まず歯医者が患者さまのお口の型取りを行い、それを元に模型を作製することからはじまります。次に歯科技工士が、その模型を用いて歯科技工所で詰め物・被せ物をつくります。このように工程が分かれているため、歯科技工士が患者さまにお会いして、お顔やお口の中を直接確認することはありません。

しかしながら、模型で再現できるのはお口の中のみで、患者さまのお顔の様子まではわかりません。そのため、お顔の形や雰囲気、口元に調和した詰め物・被せ物を作るのが難しいことも。

そこで私どもでは、必要に応じ、歯科技工士が診療に立ち会うシステムを導入しています。患者さまのお口の中だけでなく、お顔もしっかり拝見し、詰め物や被せ物の形・色を患者さまと一緒に確認します。こうすることで、お顔全体や口元とより調和した、美しい詰め物・被せ物を作製。患者さまご自身で歯科技工士にご希望を直接お伝えいただけるため、納得の行く仕上がりにつながります。

噛み合わせの強さを測定。長持ちするセラミックを

セラミックの歯は見た目が自然で美しく、変色も少ない。さらには金属アレルギーの心配もありません。しかしながら、金属製より割れたり欠けたりしやすいというデメリットがあります。

セラミックが割れたり、欠けたりするのは、噛み合わせが原因の大半と言われています。歯が噛み合わず、しかもその歯にかかる力が強すぎると、割れたり欠けたりしてしまうのです。

オールセラミックの歯が、「欠けてしまった、割れてしまった」などの失敗や後悔のない治療をするために、私どもでは噛み合わせの調整を念入りに行います。これはセラミックに余計な負荷をかけない工夫です。当院には長年、顎関節症専門の歯科医師が在籍しており、審美歯科治療をサポートしている点も強みとなっています。

通常、歯科医院では噛み合わせをチェックするときに咬合紙を使います。歯医者は咬合紙を使って噛み合わせの高さの違いはわかるものの、噛み合わせの強度など、微妙なポイントはわかりません。そこで当院では、噛み合わせの力を測定する機械(T-Scanシステム)を使用。この機械を使用し、患者さまと一緒にモニターで確認しつつ、少しずつ高さの調整をしてまいります。この工程を行うことで、余計な部分を削りすぎずに済みます。結果、割れにくく、長持ちする詰め物・被せ物の作製が可能になります。

私どもは、セラミックの歯の寿命を延ばすためにも、噛み合わせに考慮した治療をこれからも行ってまいります。

仮の被せ物で入念なチェックを行います

当院では、被せ物をつくる前に「プロビジョナルレストレーション」という仮の被せ物を患者さまに装着いただいております。

仮の被せ物を入れた状態でしばらく過ごし、噛み心地に問題がないか、被せ物の形が口元や顔に馴染んでいるかを入念にチェックします。

もしも問題があれば、仮の被せ物を調整。問題がない状態になったら、仮の被せ物をもとにして本番の被せ物を作製しています。

「審美歯科治療にはやり直しはない、失敗はできない治療」と思い、日々治療にあたっています。ここまで丁寧にチェックするのは、後悔することなく、患者さまにご満足いただきたいからです。せっかく作った被せ物が「噛めない」「気に入らない」といったことがないよう、これからも邁進してまいります。

歯科用セラミックとは

セラミックとは、歯科の治療用につくられたセラミック。歯科用セラミックとも言い、白い詰め物(セラミックインレー)や被せ物(セラミッククラウン)の素材として使用されています。

かつて治療した詰め物や被せ物をした歯が、痛い・しみるなどの症状がありませんか?その場合、2次う蝕(一度治療したところが再度虫歯になること)を疑ってみる必要があります。セラミックの素材は、歯に隙間なく接着しやすい特徴があります。2次う蝕(一度治療したところが再度虫歯になること)が起きにくく、歯の寿命を伸ばし健康を長く保ちやすいメリットをもっており、金属素材からセラミックの詰め物・被せ物にシフトする方も増えてきました。

なおセラミックを使った治療は保険適用とならないため、自費治療となります。ただし虫歯の治療後に行うセラミック治療の場合は、医療費控除が可能となるので、歯科医院で受診した際、領収書は保管しておくとよいでしょう。

ここではセラミック治療のメリットとデメリットをご案内しています。

セラミック治療のメリット

セラミック治療のメリットとは…

  • 1
    銀歯ではなく白い歯なので若く健康的に見える
  • 2
    歯の寿命が長く、銀歯より劣化がしにくい
  • 3
    表面が汚れにくい、変色も少ない。表面もなめらか
  • 4
    虫歯(2次う蝕)や歯周病が起こりにくい
  • 5
    歯の隙間ができにくく臭い歯(=お口の臭い)に悩まない
  • 6
    金属アレルギーのリスクがない

セラミック治療のデメリット

セラミック治療の主なデメリットとは…

  • 1
    料金設定は歯医者による(自費治療)。銀歯より料金相場が高い
  • 2
    金属よりも割れやすい素材である
  • 3
    歯ぎしりの傾向がある人は治療できない場合あり

歯科用セラミックの種類

歯科用のセラミックは、「ガラスセラミック」と「ジルコニア」の2つに分けることができ、見た目の美しさや強度などそれぞれに特徴があります。そのため、私どもでは患者さまのお口の状況に合わせて歯医者が適したものを選び、おすすめいたします。

基準は、前歯か奥歯か。またその部分の治療に必要なのは、インレー(詰め物)なのか、クラウン(被せ物)なのかなど。よくある治療の失敗例としては、素材の選択を誤り、理想の見た目にならなかったり、短期間で取れたり・割れてしまったりする場合が見られます。

こうした失敗で後悔することがないよう、当院では患者さまにしっかりと要望をお聞きした上で、ご説明。患者さまに相応しい素材をお選びしています。

セラミックインレーとは

セラミックインレーとは、白い陶製のセラミックでできた詰め物を指します。歯科医院において、例えば虫歯の治療などで歯を削った場合、歯の一部分を補完するため、セラミック製の詰め物で埋め、噛める状態にします。

「奥歯にある銀歯が目立つ」「プラスチック製の詰め物が、変色し、黄ばんでしまった」などの場合も、セラミックインレーが良いでしょう。

保険が適用されるインレーは銀色の金属です。そのため、どうしても口を開けた時に目立ってしまうので、最近は、自然な歯の色に近いセラミックインレーが好まれるようになってきました。

「見た目」から注目されてきたセラミックインレーではありますが、奥歯のセラミックの治療は、見た目よりむしろ「噛み合わせ」がポイント。失敗や後悔をしないように、しっかりとした歯医者選びが重要です。

セラミッククラウンとは

セラミッククラウンとは、セラミック素材の被せ物を指します。怪我などで歯を部分的になくしてしまった際に、白いセラミックの冠を作製し、被せます。保険適用のクラウンは、いわゆる銀歯と呼ばれる、銀色の金属製のものです。

インレー同様、天然の歯の色に近いセラミッククラウンにしたいというニーズが高まっています。特にどうしても目立ってしまう前歯の治療は、検討される患者さまも多いことでしょう。なお前歯だけの治療の場合、差し歯とも呼ばれます。

また、軽度の出っ歯など、歯並びの改善の目的で治療を行う患者さまもいらっしゃいます。治療に時間を要さないものの、本来削らなくてもよい歯を4~6本削り、セラミッククラウンを被せる方法となります。健康な歯を削ることは大きなデメリットでもあるため、患者さまご自身でよく考え、値段、相場などもチェック。後悔のないよう、歯医者選びも慎重に行う必要があるでしょう。

安い、しかも上手い、おすすめの歯医者がいないか、知り合いに聞いてみるなどリサーチるすのもよいかもしれません。

前歯のセラミック治療費の目安

前歯セラミックで治療した場合の値段を、前歯2本の場合、前歯4本の場合、前歯6本の場合でご紹介します。

※すべて税込価格です。

  前歯2本 前歯4本 前歯6本
オールセラミック治療(e-max) 139,000円 272,000円 399,000円
メタルボンド   150,000円  293,000円 430,000円
ラミネートべニア 170,000円 335,000円 491,000円
ジルコニアボンド 235,000円 460,000円 676,000円

セラミック治療の費用・料金

当院のセラミック治療の値段・料金のご案内です。セラミック治療は「高い」というイメージがおありだと思いますが、医療費控除が使えますので費用負担を軽減するためにもぜひご利用ください。

オールセラミッククラウン(e-max)

71,500円(65,000円 税別)
オールセラミックインレー(e-max) 38,500円(35,000円 税別)
ジルコニアボンド 121,000円(110,000円 税別)
オールジルコニアクラウン 99,000円(90,000円 税別)
ジルコニアインレー 49,500円(45,000円 税別)
セレックによるクラウン 99,000円(90,000円 税別)
セレックによるインレー 49,500円(45,000円 税別)
ラミネートベニア 80,000円(80,000円 税別)
ダイレクトボンディング

1本:27,500円(25,000円 税別)
複数:38,500円(35,000円 税別)

メタルボンド 77,000円(70,000円 税別)

セラミック治療後に痛いしみる

セラミック治療の後に、治療した部位が「痛い」「しみる」と訴える患者さまがいらっしゃいます。これは時間の経過とともに消える一時的な症状であることがほとんどです。

痛みが出たり、しみたりする原因は、歯を削ったときの刺激にあります。刺激とは具体的には削るときに発生する熱や振動です。歯を削ると歯そのものだけでなく歯の神経にまで刺激は達します。その影響で治療直後は歯の神経が過敏になってしまい、熱いものや冷たいものが歯に触れた時や、食べ物を噛んだ時に過剰反応してしまい、痛みを感じたり、しみたりするのです。

一過性のものですからそれほど心配する必要はありませんが、症状が長く続く場合には治療を受けた歯科医院に相談しましょう。

以下のページもご覧ください

女性歯科医師による治療・口腔内スキャナーをはじめとした当院のセラミック治療の特徴をご紹介。

金属アレルギーの原因となる銀歯ではなく、セラミックを用いたメタルフリー治療を推奨しています。

ご来院~治療終了まで、審美歯科・セラミック治療の流れご説明しています。

意外と知らない歯医者さんの様子を院内ツアーでご案内。独自の設備もご紹介します。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布・ホワイトニングも予約可能です

048-501-5566

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:9:00~13:00
午後:14:00~18:00
△:第2・4日曜・祝日 9:00~12:30/13:00~15:00
休診日:水曜・第1・3・5日曜

048-501-5566

〒360-0012
埼玉県熊谷市上之3820-2
JR熊谷駅より車で10分